大きなトラックも運転できる大型免許!

運転できる車種が広がる!大型免許の魅力

近年大型トラックを運転しているドライバーの中に、女性の割合が増えています。いまや老若男女を問わず人気となっている大型免許ですが、どのくらいの大きさや重さの車か、また何人以上を乗せられるかご存知ですか?大型免許を持っていると、車両の総重量は8トン以上、最大積載量は5トン以上、乗員人数は11人以上の車を運転できます。大型トラックはもちろん、バスを運転することも可能です。就職や転職の際に大型免許を持っていることで仕事の幅も広がります。更に、もしも大勢の親族や友人などと遠出する際には、レンタカー会社でバスを借りて運転することもできます。大型車は運転席が高いので、視野が広がって運転しやすいことも魅力的です。

大型免許の取得条件とは?

大型免許を取得するには条件があります。まず大前提として、年齢が21歳以上で、普通免許を取得してから3年以上経過していることが条件となります。年齢に関しては、普通免許を取得できる年齢とは異なるので注意しましょう。運転の経歴を示すために提示する普通免許については、毎日運転をして慣らす必要はありません。普通免許を持っているだけで大型免許の申し込みはできますので、ペーパードライバーでも構いません。また、条件には健康状態にも気をつける必要があります。大型車は視野が高く運転はしやすいですが、運転をしていれば何かしらの事故のリスクは付き物です。特に、大型車の事故は自損事故の場合でも衝撃は大きくなります。視力、聴力、運動能力といった検査が必ず行われるので、体調は万全にしておきましょう。