免許を取得するためにかかる費用は?

教習所に通って取得する

普通自動車運転免許を取得するためには、各都道府県の公安委員会が認可した自動車教習所で学科・技能の各教習を終え、免許センターの学科試験に合格する必要があります。教習所は、自宅から気軽に行く事が出来るタイプか、自宅から結構離れた距離にある合宿タイプに分かれていて、免許取得の中で最も費用が掛かります。教習の総額費用は、一般的な教習所が30万円弱が最も多く、合宿タイプは20万円から35万円程度の価格帯です。合宿タイプに価格の幅が出ている理由は、繁忙期と閑散期の料金設定をしているからであり、夏休み・冬休み・春休みは需要が高まるので、30万円を超える事があります。長期休暇以外の閑散期に関しては、多くの教習生に集まってもらうためにキャンペーン価格で利用する事が出来ます。

教習所以外に掛かるコストは何か

教習以外に掛かるコストは、免許センターの受験が代表的です。受験で必要な費用は、受験料1750円・免許証交付料が2050円となっていて、試験に合格しない場合は受験料が再び掛かるので注意しましょう(料金は平成30年時点)。教習所の費用が高額だと感じる人に向いているのは、一発試験と呼ばれる方法ですが、受験料・各種手数料などで5万円強の費用で抑える事が出来ます。一発試験は割安であるものの、厳しい基準で採点をされる事で合格率はあまり高くない事から、運転に自信がない場合は教習所で学んでおくのが良いでしょう。そして、試験料以外に掛かってくるコストは、学科試験に備えるための市販問題集購入費用ですが、1冊購入して学んでおけばほぼ確実に1回の受験で合格出来ます。1冊2千円弱で購入可能なので、入所前後に買っておきましょう。