どの程度の期間あれば取得できる?

合宿免許で取得する方法

普通自動車運転免許を取得する方法として挙げられるのが、合宿免許と呼ばれる遠方の教習所に通うタイプがあります。こちらのタイプは、免許を取得するために学科教習と技能教習に集中して取り組む事が可能で、入校枠が元々決まっている事から、最短だと半月程度で卒業する事が出来ます。免許取得までに確保しておくと良い日数は、20日程度が理想的です。これは技能教習が少しオーバー(1日や2日程度)してしまった場合や、免許センターの試験に1回程度不合格になった時の事を考慮しています。なお、合宿免許であっても入校状況によっては、20日以上卒業まで掛かるケースも存在するので、入校前に必ず卒業予定日時を聞いておくと良いでしょう。

最寄りの教習所に通う

自宅から通う事が出来る最寄りの教習所の場合は、多くの教習生が利用する関係から、合宿免許よりも長期間通学するのが一般的です。特に、学生の利用が集中する夏休みや、1月から3月にかけては、1日1コマのみの技能教習になる事も不思議ではありません。繁忙期に入校する場合は、卒業まで1か月前後の期間を要する事を頭に入れて通うようにしましょう。なるべく早く卒業したい場合は、キャンセル待ちをするのがおすすめであり、1時限目が始まる7時台や8時台までに教習所に行っておく事が大切です。ちなみに、教習所の多くで優先的に技能教習の枠が確保出来るコースを導入しています。このコースは通常よりも数万円割高であるものの、早く卒業したい人の利用に向いています。